保育士になるには専門学校が近道です

待機児童の問題もあり、保育所は年々増加していますがそこで働く人材の確保は国にとっても重要な課題となっている現状があり、将来的にもニーズが高い職種であるといえます。保育所の役割が社会の中でもまずまず必須になるので、その役割を担う保育士もなりやすい仕事の一つになってきています。保育士になるには、保育に関する専門教育課程を修了するか、国家資格の保育士資格を得ることが必要です。養成課程では、専門学校か短期大学で2年間の教育を受けるか、大学の保育系学科に4年間通うことなどが一般的です。

専門学校などを卒業していない社会人の場合は、保育士試験を受けることもできますが、合格率は10パーセント前後の難易度が高い試験です。通信教育などで学んでいる社会人や主婦などもいますが、合格するにはかなりの努力が必要な資格になります。高校生で保育士になりたい方であれば、専門学校へ通うのが一番近道ということになります。専門学校では、実績が豊富で就職サポートが厚くなっていることが多いです。

中には付属で幼稚園や保育園を持っている専門学校があり、実習やインターンの機会が多く得られます。2年間で学ぶことは多岐にわたりますので、就職を視野に入れた学校選びをしてください。体験入学や実際に保育の現場などを見られる機会があればぜひ自分の目で確かめてみてください。自分に合った学校選びをすることで2年間とそれ以降の仕事に多く役立ちます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*