専門学校に通い、保育士資格取得を目指す

保育士資格取得を目指し専門学校に通学してみる。普通に考えてみれば、高校卒業した後に進学としての手段と考える人が多いかもしれませんが、社会人の人が通学しているというケースもあります。これは、本来でしたら高校を卒業した後に進学したいというのが本人の考えでしたが、家計が厳しくて学費を出すことが出来なかったため、泣く泣く進学をあきらめたというのが理由です。社会人になり、自分で給料やボーナスなどの収入を得られるようになり、学費も自分で出せるようになりました。

そこで、改めて専門学校に進学しようと思った結果、こうなりました。専門学校には、日中だけ通学の全日制と、夕方から通学の夜間クラスの二つがあります。この夜間クラスに通学する事で、現在の会社を退職する必要なく通学することが出来て、仕事と学業の両立も出来てしまいます。今の仕事を行いつつ保育士資格取得を目指すわけですので、学業に対しては特に力を入れる傾向があります。

これを二年か三年か通学して、卒業するころには保育士の資格を得られています。そして、資格取得後は卒業するわけですが、卒業後の保育士としての勤務先の紹介とあっせんもしてくれます。高校からの進学してきた人にとりましては、新卒採用の所、社会人の人にとりましては転職先候補として考える事ができます。つまり、社会人の人が保育士資格取得の為に専門学校に通学する行為は、資格取得というよりかは一種の転職活動です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*