保育士資格取得なら専門学校がおすすめ

保育士の資格を取得するためには大学あるいは短大、専門学校の養成課程を修了するか、保育士国家試験に合格する必要があります。大学に通う場合は資格取得までに4年間かかってしまうためその間の経済的負担は大きくなります。一方短大や専門学校の場合は2年間で卒業することができるため、大学と比べていち早く社会進出するjことができます。しかし2年間の間に勉学以外にも実習など様々なことを学ばなければならない負担も大きくなります。

とくに現在は待機児童問題など保育士を取り巻く環境は大きく激変していることから様々なニーズに応えていく必要があります。また就業場所みも保育所だけでなく病院や一般企業、児童館や託児所など非常に幅広いため専門的な知識と技術が求められるのです。保育士資格を取得するのであれば専門学校がおすすめの理由としては、4年制大学と比べて学費が安いため卒業までの経済的負担を軽減することができます。また昼間のみでなく仕事をしながら夜間帯に通えるところもあるためライフスタイルに合わせた学び方が可能となります。

さらには専門学校では短大よりも保育現場での即戦力の育成を目指していることから、とくに実習には力を入れているため卒業後すぐに現場で役立つことのできる知識や技術を学ぶことができます。そのため保育士として早く現場で働きたいと考えていたり費用をなるべく抑えて資格を取得したいのであれば専門学校に通うのがおすすめです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*