働きながら保育士資格を目指すなら専門学校へ

保育士の資格は、イメージ的には短期大学に二年間通って取得するものだと認識している人が多くいて、短期大学を卒業しない限りなれないと思われがちです。しかし、実際は短期大学以外にも、専門学校を卒業すればなる事ができます。もちろん、それに特化した学校に通うと前提とした話です。専門学校の場合は、一般的な学校と同じ昼間のみ通学の全日制と夕方からの夜間クラスがある学校があります。

この夜間クラスは、日中は仕事をしている人でも通学しやすいクラスです。今は別の仕事をしているが、どうしても保育士の資格を取りたいと考えている人には大変ありがたいです。通学する期間も学校によってはまちまちであり、短期大学と同じ二年間の通学の所もあったり三年間通学の所もあったりします。期間は違いますが、勉強する内容はほぼ一緒です。

取得する資格は保育士資格という国家資格ですが、これも試験免除で卒業後に自動的に取得できる学校ときちんと試験を受けて取得する学校の二種類があります。そして、卒業後の就職先もあっせんしていて、学校の系列に保育園があればそこに就職するという事もあります。他にも幼児教育で役に立つ資格取得もあります。また、ピアノが下手でも保育士になれるようにピアノの指導をしたり、実際に就職後の不安要素を取り除いたりもしてくれます。

保育士を目指す場合、結局は短期大学を卒業しようが専門学校を卒業しようが関係ありません。要は、資格さえ取得すればいいだけの話です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*