保育士になるための専門学校

厚生労働省認定の保育士とは、乳児や幼児を保育し、その保護者に対して保育指導をする仕事で、国家資格を要します。一般的にこの資格を取るには、保育士養成課程を持つ大学、短期大学、専門学校に進学し、保育について学び、卒業をします。こうして厚生労働大臣が指定する所定の教育機関を卒業することで、試験を受けなくても保育士の資格を取得することが可能です。専門学校では、2年間で資格を取得するコースがほとんどですが、中にはじっくり学べる3年コースもあるます。

多くの専門学校では、保育士資格だけでなく幼稚園教諭やその他の資格も学べるようになっています。卒業後の就職先も、障碍児施設や児童養護施設、商業施設や企業の中の保育所、託児所等、様々な施設で保育の資格を生かして働くことができます。また、チャイルドスポーツインストラクターといった、子どもの習い事の分野の仕事についても学べます。どのような職業に就きたいのかをイメージし、自分に合った専門学校で学ぶことが、将来の夢の実現につながります。

保育士に必要なものは、なんといっても体力でしょう。子どもたちは元気いっぱいに走り回ったり、思わぬ行動に出たり、危険もいっぱいあるため目が離せません。瞬発力も持久力も必要です。抱っこをしたりおんぶをすることもあるでしょう。

学生時代に部活等でスポーツをやってきた人は、体力的に自身が持てるかもしれません。そして一番肝心なことは、子どもが大好きであることです。感受性豊かな子どもたちの喜怒哀楽を、大きく受け止めてあげる忍耐力も大切です。大阪の美容専門学校のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*