保育士になるために専門学校で学ぶこと

保育士を目指す学校には大学、短大、専門学校と幾つかの種類があります。それぞれ長所や短所などいろいろな特徴がありますが、専門性や実技など実際に現場で役に立つスキルを身につけたいなら、やはり専門学校が適しています。保育士という仕事はモノを作ったり決まりきった作業を行うのではなく小さな子供と接する仕事ですのでとても大きな責任が求められますので専門性は重要です。ですから、実際に専門学校で学ぶ学習内容を知っておくことは必要です。

学校では子どもが健康で文化的な発達を促す重要性を学びますが、それらについて説明いたします。保育の世界には「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」という「保育の5領域」と呼ばれるものがあります。保育士はこの5領域を支援することが責務ですが、そのことについて専門学校で学びます。具体的には、実技としてはピアノや工作などのほか心理学、コミュニケーション力、保育理念、一般教養などを座学で学びます。

また、ある程度の学習を経験しますと保育園での実習もありますので模擬体験をすることもできます。もちろん保育士に必要な最も重要な要素は「子供が好き」という気持ちですが、現場で働く中では気持ちだけでは責務を果たすことはできません。ですから、中途半端な気持ちで臨みますと大変さに驚いたりコミュニケーションがうまくいかず落ち込むこともあります。専門学校で学ぶことはこうした体験をすることとも言えますのでとても意義があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*