専門学校で保育士になる方法

待機児童が社会問題化していますが、その根本的理由の一つに保育士不足が指摘されています。つまり保育士という仕事は社会的ニーズが高いことであり、また社会的使命も高い仕事ということができます。しかし、このお仕事に就くには資格を取得する必要があります。しかも資格は民間ではなく国家資格ですので価値が十分にあるものです。

その資格を取得するには保育士養成施設を卒業する方法と国家試験に合格する方法があります。専門学校は保育士養成施設の一つです。保育士養成施設には4年制大学と短大、そして専門学校がありますが、専門学校での資格取得においてのメリットとデメリットを紹介します。メリットとしては卒業してすぐに資格を取得できることです。

また基本的には2年で取得できますし、昼間と夜間の選択ができることは大きなメリットです。さらに学校によっては幼稚園教諭の資格を取得することも可能です。費用の面で言いますと、4年制に比べますと学費が安いというメリットは学生にとって大きなものがあります。デメリットとしては2年間で知識や技術を覚えなければいけませんのでとにかく忙しいということがあります。

ですから、社会人や主婦が通うのには無理があるというのがデメリットです。専門学校には指定校と併修校がありますが、指定校は卒業後にすぐに資格取得ができますが、併修校は厚生労働大臣の指定を受けた短大の通信課程にも同時に入学および卒業する必要がありますので注意が必要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*